酵素とは?イラスト付きで解説します

メニュー

酵素とは

三大栄養素と言われる、炭水化物、脂肪、たんぱく質、そしてビタミンやミネラル。これらは人間の体に欠かせない栄養素ですが、酵素もこうした栄養素のひとつと考えている方もいるかもしれませんが、実はちょっと違います。

 

酵素とは私たちの体の中で起こる消化吸収や代謝などのあらゆる生体反応を行うために必要な物質で、酵素そのものはたんぱく質からできています。食べたものから栄養を取り出してエネルギーにしてくれるのも、傷や病気を自己治癒させてくれるのも酵素のはたらきによるものです。

まさに酵素は私たち人間が生命活動を行う上でかかせないものと言っていいでしょう。

人間の体の中にある潜在酵素と食物酵素

もともと人間の体には消化酵素と代謝酵素と呼ばれる二つの酵素が備わっています。食べた物から栄養を吸収し、エネルギーを作り出すのが消化酵素、そして消化によって作られたエネルギーを元に細胞の修復や再生、内臓器官の維持などを行っているのが代謝酵素です。

ひとつの酵素はひとつの栄養素しか分解できないため、食物酵素にはいろいろな種類があります。その数は現在分かっているだけでも3000種類以上に及ぶのだとか。炭水化物に含まれるでんぷんを分解するアミラーゼ、たんぱく質を分解するプロテアーゼなど、誰でも一度は耳にしたことのあるのではないでしょうか。

 

酵素によって食べたものがエネルギーとして変換されると、このエネルギーを使ってあらゆる生命活動を行うのが代謝酵素の役割です。体を動かすこと、考えること、息をすること、心臓を動かすこと…こうした無意識の行動はもちろん、病原菌と戦ったり、新陳代謝を行うのも代謝酵素のはたらきによるものなのです。

 

そして酵素にはもうひとつ、食物酵素と呼ばれるものがあります。食物酵素はその名の通り、食事に含まれている酵素のこと。生の野菜や果物、肉、魚のほか発酵食品にも含まれています。

酵素を含む食品

酵素が豊富に含まれる食材といえば、生の野菜やくだものです。生の魚や肉にも含まれていますが、酵素は46〜48度程度の加熱で壊れてしまうため、生で摂ることが重要だと言われています。また肉や魚は生で食べても動物性たんぱく質そのものを消化するのに、その分酵素が必要になるということも覚えておきましょう。

生の野菜をふんだんに使ったサラダは野菜に含まれるビタミンやミネラル、食物繊維、カロチンやファイトケミカルと呼ばれる抗酸化物質などと合わせて酵素を摂ることができます。ダイエットや美容面では温野菜もオススメとされていますが、酵素を効果的に摂ることだけを考えると加熱した野菜はNGとなってしまいます。

 

また野菜やくだものはすりおろすことで酵素の量が3倍近くになるものもあります。例えば、焼き魚に添えられた大根おろしには、でんぷんを分解するアミラーゼ、脂肪を分解するリパーゼ、そしてたんぱく質を分解するプロテアーゼと呼ばれる酵素が豊富に含まれています。脂ののったサンマやサバといった青魚に大根おろしが添えられているのはとても理にかなったことでもあるのです。

朝はもっとフルーツを食べよう!

野菜の他にオススメしたいのが、くだものです。食事の後に必ずといっていいほどくだものを食べる欧米に比べると、日本の食生活はくだものを食べる機会が極端に少ないと言えます。皮をむいたりカットするのが面倒…という方はバナナやみかんなど手で皮をむけるものを用意してみてはどうでしょうか。

手間をかけてもOKという方は、りんごやバナナ、オレンジなど季節のくだものをミキサーにかけてスムージーを作ってみてもいいでしょう。このスムージーは朝にオススメ。ボリュームがあって満足感が得られるだけではなく、ごはんやパンの朝食を食べるよりも体も胃もずっと軽く感じられます。

生だけじゃない!酵素が含まれる食品

「スムージーや生の野菜、くだものを積極的に摂りたいけれど、体を冷やすのが心配」という方がいます。特に女性に多い冷え症の方は生の食材だけでは抵抗があるという方も多いでしょう。

そんな方にオススメしたいのが、酵素を含む加熱していない食品です。具体的にあげると、ドライフルーツやナッツ、豆類、海藻、海苔、天日干しした野菜などがこれに当たります。

食材を選ぶときに注意したいこと

海藻にはミネラルが豊富に含まれています。「補酵素と酵素の違い」のページで触れたように、ミネラルは補酵素としての役割も持っています。海藻類を選ぶときには天日干しのものや生わかめ、生の昆布などを選ぶようにしましょう。

野菜やくだものは干すことで、栄養素が凝縮されると言われています。干しシイタケやドライフルーツはリビングフードやマクロビオティックなどの食事療法でも重用されています。干しシイタケは国産のものを、ドライフルーツやナッツ類は砂糖や塩で調味されていないものを選んでください。

 

生の野菜を食べると体が冷えるという方は、自宅で野菜を天日干ししてみるのもいい方法です。野菜をカットし、虫がつかないように網をかけて半日から1日干すだけで完成です。ズッキーニやセロリ、きのこ類やトマトなども甘みが増しておいしくいただくことができます。市販のものを購入するだけではなく、冷蔵庫に残った野菜で干し野菜を作ってみるのも楽しいかもしれませんね。

 

干した野菜を良質のごま油と塩で味付けすれば、玄米ご飯にぴったりの酵素たっぷりナムルが完成します。良く晴れた夏の日や空気が乾燥した冬の晴天時に是非試してみてください。

 

酵素が減るとどうなる?

酵素ドリンクを上手く活用しよう

普段の食事から酵素を摂取するのが難しい方もいるかと思います。そこで、酵素ドリンクの登場です。

 

 

誤解が多いのですが、酵素ドリンクは実は酵素そのものではなく、体内酵素を増やすための材料である野菜のエキスや生きた酵母菌がたくさん入っている補酵素食品です。

 

酵素ドリンクに酵素は入っていないんです

 

従って正確には『補酵素ドリンク』とでも言うべきところです。また、例え酵素が入っていたとしても酵素は胃の中で分解されてしまいます。

 

実は先程書いた生の野菜や果物、納豆や味噌などの酵素も胃で分解されてしまいます。

 

しかしそれらが無意味ということではなく、強化された栄養は体内へ運ばれ、結果として体内の酵素を増やし、体の状態を改善してくれます

 


特に酵素ドリンクやすりおろした野菜、スムージーなどは発酵・熟成されたり、細かく砕かれることによって、事前に消化したような状態になっています。そのため、消化に無駄な酵素を使うことなく、体内の酵素を活性化する効果が期待できるのです。

 

酵素ドリンクを飲んでもすぐに体内の酵素は増えません。酵素ドリンクを飲んで体内の酵素を増やすよう働きかけていくことが大事ですので、誤解しないようにしましょう。

プチ断食にも最適

優光泉』という酵素ドリンクのように、無添加で薄められていない原液100%のドリンクであれば栄養が豊富に含まれていますので、1食置き換えやファスティング(断食)時の栄養補給に最適です。

 

カロリーコントロールがしやすくなりますし、減量が進むことで徐々に体質が改善され、以前より調子が良いと感じることが増えるかもしれません。

 

 

また、断食の場合は内蔵を休ませられますし、更に体の中で良い変化が起きます。

 

断食中は血液になる材料(食べ物)が不足してきますが、体としてはなんとかして造血をしなければいけません。

 

材料がないのに造血をしなければいけなくなった体は、現在体内にあるものでなるべく不要な細胞を材料にして血液を作り始めます。その不要な細胞というのが、脂肪だったり、病気の元になる細胞であったりします。

 

そのため、断食をすると体がスッキリして調子良いと感じる方が多いです。

 

 

わざわざ休みを取って断食道場に行かなくても気軽に断食できるのも酵素断食の魅力です。

 

1食置き換えのプチ断食はそれほど苦ではありませんので、頑張って挑戦してみて下さい。ご検討をお祈りしています。

 

優光泉の公式ページを見てみる