酵素が減る原因と、酵素が減ることによる体への影響

メニュー

暴飲暴食や欧米化した食生活はNG

「風邪を引いたときは消化のいいものを食べるように」と言われたことは誰でもあるでしょう。これは消化の悪い食べ物を食べると、それだけ体に負担がかかるという意味でもあります。脂肪分たっぷりの肉類、揚げ物、こってりとした味付けのボリュームのある料理…。このような消化の悪い食べ物はあっさりとした消化のいい食べ物よりも消化酵素を多く消費してしまいます。

また外食の多い現代人の食生活では、生の野菜や果物、発酵食品などを食べる機会が少なく、食物酵素を摂って消化酵素の働きを助けることもできません。欧米化した食事のメニューや出来合いのお弁当、ファストフードなどの加工食品には食物酵素はほとんど含まれていないからです。

 

満腹になるまで食べたり、ダラダラと食事をするのもよくありません。腸の中に未消化のものが常にある状態になると、消化酵素をどんどん浪費してしまいます。酵素をムダに減らさないためにも食事は規則正しく摂ること、そして腹八分目程度でストップすることが大切です。

酵素が減る意外な原因

食事に含まれる食品添加物は体内に溜まりやすいと言われています。酵素は体内の老廃物や有毒物質を排出させる働きもあります。そのため、添加物の多い食事を摂ると、その分、酵素が浪費されることになるのです。

 

また睡眠不足も酵素を減少させる一因です。私たちの体は眠っている間に細胞を再生させていますが、酵素も同じように眠っている間に作られているのです。夜更かしして、夜寝る直前に食事をする…といった習慣はまさに酵素をムダ使いする典型的な生活スタイルと言えるでしょう。

同じようにストレスや喫煙、過度のアルコール摂取なども酵素を浪費させる原因となります。酵素を減らさないようにするには、規則正しい生活とバランスの取れた食事、そしてストレスを溜めこまない生活を送ることが大切なのです。

酵素が減ると代謝機能が低下する

人間が一生のうちに作り出せる潜在酵素の量は遺伝子によって決められ、限りがあると言われています。そして加齢とともに酵素を作り出す力は弱まり、酵素の量は徐々に減少していってしまうのです。加齢の他にも生活習慣やストレスなど、さまざまな原因で日々酵素は消費され、減っていきます。

人間が生きていくうえで食事を摂ることは欠かせません。食事を摂れば、食べたものを消化・吸収するために酵素を消費していきます。酵素は代謝よりも消化を優先させる性質があるため、加齢や消化などによって酵素が減少すれば、その分、代謝機能が弱まっていくと考えられるのです。

酵素の減少こそが、老化の一歩?

代謝酵素が担う主な機能には、食事から摂った栄養を体中に届けてはたらかせる新陳代謝機能、体の悪い部分や傷ついた細胞を修復して治癒させる自然治癒機能、有害物質や毒素を汗や尿として排出させる機能、病気を防ぎ、疲労回復を行う免疫機能などがあります。

 

新陳代謝が低下すれば、肌のハリをキープするコラーゲンやエラスチンが作られにくくなり、肌は老化していきます。シミやくすみも肌に残りやすくなり、ニキビや肌荒れなどのトラブルも治りにくくなってしまいます。

 

自然治癒力が低下すれば、傷が治りにくくなったり、病気にかかっても治りが遅くなるでしょう。また免疫機能が低下すれば、風邪を引きやすくなったり疲れがなかなかとれないといった状態になっていきます。

このような肌の衰えやなんとなく体の調子が悪い、体力の衰えを感じるといった症状は酵素の減少によるものなのです。まさに酵素の減少こそが人間の体を老化させる一因と言ってもいいでしょう。

酵素不足が心配される症状

以下の項目をチェックしてみてください。いくつも当てはまる…という人は、体内の酵素がかなり減少しているかもしれません。

 

  • 便秘がちで臭いのあるおならが出る、腹部膨満感がある
  • 食事をするとすぐに胃がもたれる
  • 下痢を繰り返したり、残便感がある
  • 手足がいつも冷えている
  • 生理不順が気になる
  • 手足や顔がむくむことが多い
  • 以前と食事の量は変わらないのに体重が増加しがち
  • お風呂に入ってもあまり汗をかかない
  • ニキビや肌荒れが治りにくい
  • いつも顔色が悪く、肌がくすみがち
  • 慢性的な頭痛や肩こり、首の痛みなどがある
  • お酒が翌日に残りやすくなった
  • 慢性的な疲労感・倦怠感がある

こうした症状をそのままにしておくとどうなるか

酵素が不足すると、腸内環境が悪化します。このことで、便秘になったり下痢を繰り返したりするのです。また腸内環境が悪化すれば、免疫力が低下し、風邪が治りにくくなったり疲れが取れにくくなります。

 

あまり知られていませんが、皮膚は人間の体における最大の排出器官でもあります。酵素が不足して代謝が低下すれば、肌荒れやニキビが起こるのは当然のことなのです。

また消化酵素が不足して、炭水化物などに含まれる糖が未消化のまま血液中に吸収されると、いわゆる血液がドロドロの状態になります。すると、血液は血管をスムーズに通ることができなくなって、食事から摂った栄養を体中に届けることができなくなるだけではなく、動脈硬化をはじめとするさまざまな病気を引き起こすとも考えられるのです。

 

私たちは誰でも年を取りますが、誰でも同じペースで老化していくわけではありません。生活習慣や食事内容に気を配り、酵素ドリンクやサプリメントを摂って、潜在酵素の働きをサポートすることができれば、このような老化のスピードを遅らせることも不可能ではないのです。

 

酵素が注目されるワケ