酵素と補酵素の違い

メニュー

酵素と補酵素の違い

消化酵素や代謝酵素、食物酵素のなかには単体ではうまく機能することができない酵素が存在します。こうした酵素の働きを助けるのが補酵素です。酵素がたんぱく質からできているのに対し、この補酵素はビタミンやミネラルでつくられています。ここで補酵素とはどんなものか、その働きについて詳しく見てみましょう。

 

酵素のはたらきを助ける補酵素

酵素は私たちの体の中で起こる代謝や消化をはじめとするさまざまな化学反応を促すはたらきをしています。酵素の中には単体ではたらくことができるものもありますが、多くが単体で機能することができず、補酵素のサポートを必要とします。補酵素はビタミンやミネラルであることが多く、アンチエイジング成分として広く知られるようになったコエンザイムQ10も補酵素の一種になります。

補酵素は酵素が行う化学反応に必要な成分であったり、化学反応の結果発生した成分を引き取って運ぶはたらきを持っています。酵素と補酵素は互いに密接な関係にあり、補酵素であるビタミンやミネラルの中にも酵素がなければ体内で化学反応を起こすことができないものもあります。

 

ビタミンB群やミネラルをしっかり摂ろう!

補酵素として働くビタミンといえば、ビタミンB群です。糖質や脂質をエネルギーに換えるなど、ダイエットに必要なビタミンでもあるので、酵素を摂るときに合わせて摂るように意識するとよいでしょう。ここで補酵素としてビタミンBの働きをまとめてみました。

 

  • ビタミンB1 糖質を代謝してエネルギーに変換するために必要 豚肉やたらこ、うなぎなど
  • ビタミンB2 脂肪を代謝してエネルギーに変換するために必要 レバーやうなぎ、さばなど
  • ビタミンB6 にんにくやまぐろ、かつおなど たんぱく質やアミノ酸の代謝に必要。その他、血液や筋肉が作られる作用をつかさどる酵素を助ける働きも。
  • ビオチン(ビタミンB7)糖やアミノ酸の代謝に必要。 かれいやいわし、アーモンドやピーナッツなど
  • ビタミンB3(ナイアシン) 炭水化物や脂肪の代謝に必要 たらこ、かつお、まぐろ、いわしなど
  • ビタミンB5 糖質、脂質、たんぱく質の代謝に必要 レバーや卵黄、納豆、たらこなど