酵素ドリンクは妊娠中・授乳中の健康管理にも良い

メニュー

妊娠中、授乳中の健康管理にも良い

妊娠中、食欲が落ちたり、赤ちゃんが生まれてから忙しくて栄養バランスの取れた食事を作る時間がなかなかとれない…。そんなとき、ありますよね。

 

そんな時は酵素ドリンクがおすすめ。ママになってもキレイでハツラツとしていたい!という女性にも最適です。

 

 

野菜やくだもの、野草といった安全性の高い材料から作られているため、妊娠中や授乳中の健康管理にも適しています。

妊娠中の体重管理にも役立つ

体重管理というとダイエット!と考えるかもしれませんが、妊娠中に体重が増えすぎないようにするのは出産時のリスクを避けるためでもあるのです。体重が増えすぎてしまうと、出産が1日がかりになるほどの難産となってしまうことも。昔と違ってカロリーの高い食事メニューが多い現代、妊娠中にOKとされる体重増加の目安は意外に厳しいものになっているのです。

 

標準体型の場合でも増えていい体重は7キロから最大でも12キロ程度まで。これに対して、もともと肥満気味という人は体重の増加を5〜7キロ程度に抑えるべきというのが、厚生労働省が定める目安となっています。

 

とはいえ、妊娠中は普段よりお腹がすく…という人がほとんど。そんな時は酵素ドリンクを1杯飲んで、お腹を落ち着けるようにしましょう。

 

 

その後で食事を摂れば、体内の酵素が活性化されて無理なく食べたものを消化することができるだけでなく、食べ過ぎを防いでくれます。

 

妊婦さんの中には、酵素ドリンクを飲み始めてから体重増加が止まった!という人もいるほど。多少の食事制限も酵素ドリンクがあれば乗り越えられるかもしれません。

妊娠中の便秘防止や赤ちゃんへの栄養補給にも

妊娠中に多い悩みと言えば、便秘です。ホルモンバランスの変化によって妊娠中は便秘しやすくなるものの、食事の好みが変わるなどして、繊維質のものがなかなか摂れないこともあるでしょう。そんなときにも酵素ドリンクを飲むのがおすすめです。

 

 

妊娠中は市販の下剤などは飲むことができないため、自然にお通じがつくようにするのがベストと言われています。便秘は体重増加にもつながるので、妊娠中も酵素ドリンクで毎日のすっきりを目指すようにしましょう。

 

なお、妊娠中や授乳中は添加物の含まれていない酵素ドリンクを選ぶようにしてくださいね!