リーキーガット症候群とは

メニュー

リーキーガット症候群とは?

皆さんはリーキーガット症候群という症状を聞いたことがありますか?これは腸管壁浸漏症候群・LGSとも呼ばれるもので、免疫器官である腸から本来、吸収されることのないはずの有害物質やウィルス、分解されていない食事成分などが吸収されて、アレルギーをはじめとする不調を起こしてしまう症状のこと。グルテンアレルギーなどの、すぐに症状が出ない遅延性アレルギーもこのリーキーガット症候群と関連していると考えることができます。酵素はこのリーキーガット症候群の予防・改善にも役立ってくれると言われているのです。

リーキーガット症候群をもっと詳しく

私たちの腸は食べたものを分解して栄養素を吸収しているだけではなく、体の中に入ってきた病原菌や有害物質を吸収せずに排出させるという免疫器官としての役割も持っています。言ってみれば体に必要な成分は栄養として吸収し、体に害になるものは排出させるように区別してくれているということなのです。

 

腸の内側にある粘膜にはこの免疫細胞と呼ばれる細胞が集中しています。腸が人間の体における最大の免疫器官と言われる理由はここにあります。しかし私たち現代人の生活習慣や偏った食事などによって腸の粘膜は傷ついて本来の機能を果たせなくなっていることが多いのです。

その結果、吸収されるはずのない有害物質や病原菌が腸から吸収されて血液によってはこばれ、さまざまな不調を引き起こしてしまうと考えられています。

リーキーガット症候群が起こる理由

リーキーガット症候群は腸内環境の悪化や、腸の粘膜に炎症が起こることがきっかけになると言われています。抗生物質や消炎鎮痛剤を長期間、服用している人、カフェインやアルコールをよく摂る人、保存料や人工甘味料などの合成添加物を含む食事をよく摂る人、悪玉菌を増やす原因となる白砂糖や脂質の高い食事をよく摂る人など心当たりのある方も多いのではないでしょうか。

酵素は善玉菌を増やすサポートをして、腸内環境を改善させてくれます。また体内の消化酵素のはたらきを活性化させて、食べたものから栄養をきちんと吸収しやすくしてくれます。

 

リーキーガット症候群であるかどうか検査してくれる病院はまだそれほどありません。しかし、酵素はこうした症状を予防するのにも役立ってくれるのです。