放射能も気になるママに『毎日酵素』

メニュー

放射能フリー&無農薬&低カロリー「毎日酵素」

一位ではないけれど、個人的に安心して飲めるのが「毎日酵素」です。

 

 

これも、ママ視点で子供に飲ませたい酵素なんですよね〜

 

だって、原料が全部無農薬なんですから!

 

これは、安心して飲ませられますよね〜

 

そして、私自身もかなり放射能に気をつけていますが、原料がほぼ九州産なので、安心な酵素だと思います。

 

毎日酵素の原材料と原産地 (毎日酵素HPより)

 

原料 産地 原料解説
ココナツ タイ産 製造者が最も信頼しているヤシ農園産出
りんご 青森県産 りんご農家自家用の無農薬りんご
もずく 福岡県産 福岡県糸島郡芥屋町産
メシマコブ 福岡県産 毎日酵素の製造元である柴田園芸で、無農薬で養殖に成功したもの
松の実 福岡県産 無農薬にこだわったもの
胡椒 福岡県産 無農薬にこだわったもの
糖蜜 鹿児島県産 サトウキビから抽出したもの
霊芝(レイシ) 九州産 九州それぞれの、無農薬にこだわった天然物
バナナ フィリピン産 エチレンガスをかけていない無農薬の青バナナ
カブ 福岡県産 福岡県糸島郡芥屋町産
ヤマモモ 福岡県産 無農薬にこだわったもの
無花果 福岡県産 無農薬にこだわったもの
ニンニク 福岡県産 無農薬にこだわったもの
アケビ 佐賀県産 佐賀県七山村産の無農薬にこだわったもの
わかめ 福岡県産 福岡県糸島郡芥屋町産
ルチン 千葉県産 千葉県産のものを使用。アレルギー対策のため、ソバではなくエンジュの花から抽出

 

原材料にここまでこだわった酵素を見たことがありません。

 

バナナやココナツなど、海外からの原料もしっかり無農薬をつらぬいていてすごい!

 

材料そのものが薬って感じですねぇ。

 

メシマコブとかレイシとかって、キノコですけど、抗がん作用や不老長寿の薬、それだけで薬となるような高価なものです。

 

それから、キノコ類って、放射能をよく吸いますが、九州産なら安心できますね。

 

リンゴ、うちの主人はリンゴをあまり食べないんですが、農薬をシャワーのようにかけるのを知っているからなんですよね・・・。

 

無農薬のリンゴって、それだけつくるのが難しいわけで、それだけで食べたいぐらいなのに、酵素の原料になっているんなんて贅沢!

 

ルチンという物質も、そばアレルギーを考慮して、エンジュという木から抽出しているし。

 

アレルギーのあるお子さんなどを考慮した材料を使用していて、安心できます。

 

甘さが少ないから、カロリーも低め。20mlあたり10.6kcalで、私が紹介する酵素のなかで一番低いですよ。

 

だから、体重を気にしている人でも、たくさん飲んだからって、罪悪感にかられません。

 

味はヨーグルトの乳清のような酸味が特徴です。

 

飲むときは、リンゴジュースなどで甘みをプラスするのがオススメですが、だんだん飲んでいると、ストレートで飲みたくなってくるから不思議!

 

 

お風呂上りとかに、さっぱりしていて、おいしいんですよね〜。

 

開封したあと、すこし寝かせた毎日酵素はまろやかになって、甘さもちょうどよくなってますよ!

 

まあ、そうなる前にのみきっちゃいますけどね^^;

 

というわけで、ママ視点では、子供に安心して飲ませられる甘さと材料の毎日酵素はイチオシです!

 

価格では、一位の優光泉には負けるんですけどね〜。

 

無農薬という点ではピカイチです!

 

自分用にも、またリピしたいなぁ〜と思わせる、他の酵素にはないお味の酵素ですよ〜

 

価格 6,980円
容量 720ml
10mlあたりの価格 約97円
使用原料の数 16種
おすすめポイント ココナツパワーの酵素!
一杯の目安とカロリー 20mlあたり10.6kcal