白砂糖が使用されている酵素ドリンクは大丈夫か?

メニュー

白砂糖が使用されている酵素ドリンクって大丈夫?

白砂糖や白米、白い小麦粉など精製された食品は体に良くない…と言われています。ご家庭で使用しているお砂糖を黒砂糖やてんさい糖などに切り替えたという方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、酵素ドリンクの中には原料に白砂糖を加えて発酵させているものもあります。では白砂糖が使用されている酵素ドリンクに害はないのでしょうか?

白砂糖を使用していても大丈夫?

白砂糖を使用して作られている酵素ドリンクについて調べてみると、発酵・熟成の段階で白砂糖は果糖とブドウ糖という形に変化し、白砂糖としての成分は最終的に残らないとされています。白砂糖は原料というよりも発酵に必要となるエネルギー、ツールとして使用されると考えていいでしょう。

 

また黒砂糖やてんさい糖など精製されていない糖分を使用すると、残った栄養素が原料の栄養素の吸収を妨げたり、うまく発酵させることができないなどのデメリットもあります。

 

 

酵素ドリンクに興味をお持ちの方の中には手作りの酵素ドリンクのレシピをチェックしたことのある方も多いと思いますが、こちらも必ず白砂糖を使用していますよね。手作りの酵素ドリンクは白砂糖以外の砂糖ではまず成功しません。

 

さらにその使用量はこんなに白砂糖を入れていいの?と怖くなるほど。白砂糖への抵抗感から手作りは諦めて市販の白砂糖を使用していない酵素ドリンクを選ぶ人も多いようです。

心配な方は白砂糖不使用の酵素ドリンクを!

酵素ドリンクの中には黒砂糖やてんさい糖、はちみつ、オリゴ糖といった糖類を使用しているものも増えてきています。

 

 

白砂糖には血糖値を急激に上昇させるだけではなく、血液を酸化させたり、体内で酸化よりも怖い糖化という現象を起こしたり、体を冷やして代謝を低下させるとも言われています。特に糖化は体内で老化のスピードを速め、肌を急激に衰えさせるという女性にとっては恐ろしい現象なのです。

 

白砂糖は摂りたくない!という方は黒砂糖やてんさい糖などを使用した酵素ドリンクを選んでみてはいかがでしょうか。ただし糖尿病の治療をしている、あるいは血糖値が気になるという方は酵素ドリンクを購入する前に必ず医師に相談するようにしてくださいね。

白砂糖を使っていない酵素ドリンク

当サイトでオススメしている優光泉は完全無添加で、発酵の際には麦芽糖が使われています。

 

 

麦芽糖はトウモロコシや、じゃがいも、さつまいもなどのデンプンが糖化したもので、水あめの主成分になります。お砂糖に近い甘みですが、カロリーが低く、砂糖の半分程度だそうです。

 

また、発酵の段階で麦芽糖は分解されているため、優光泉の甘みは麦芽糖の甘みではなく、野菜や果物が発酵した時に出る自然の甘みなのだそうです。

 

 

気になった方は是非レビューをご覧になってみて下さい。たくさんの写真付きで分かりやすくご紹介しています。

 

優光泉の商品レビューを見てみる