【女性専用・全国対応】おすすめのパーソナルトレーニングジム3選

メニュー

女性向けパーソナルトレーニングジム

女性が通えるパーソナルトレーニングジムはたくさんあるのですが、たくさん掲載しても選ぶのが大変だと思いますので、厳選してご紹介します。

 

どれも食事(糖質制限)と筋トレがセットになっていて、本気で痩せたい方に一番おすすめするダイエット方法です。

女性専用ジム3選

まずは【女性専用】です。女性向けに作られたプログラムなので、安心して通うことができます。

1. 【東京】女性専用ジム

 

クレビックの特徴

【女性専用】です。女性の医師や管理栄養士がプログラムを作成しているので、まさに女性のためのパーソナルトレーニングジム。こちらもタオル・ウェア・シューズなどが全てレンタルできて、しかも全て駅から徒歩5分以内にあるので、仕事帰りに身軽に行けるのが嬉しいです☆店舗数がまだ少ないので、その分スタッフの教育が行き届いていてしっかりとしたサポートを受けられます。女性専用ダイエットジムとしては一番人気があります。

価格 2ヶ月で税込みの総額が211,680円。平日のみのデイタイムコースだと161,784円
評価 評価5
備考 月々8,200円〜の分割払いに対応

2.【全国対応】女性専用ジム

 

リボーンマイセルフの特徴

トレーナーが女性しかいないので、女性特有の悩みも色々と相談できるのが嬉しいです。完全女性専用の空間となっているので、男性の目を気にせずトレーニングできるのもGOOD!女性専用でありながら全国対応なのも凄いです。こちらも完全手ぶらでOKです。

価格 コースや店舗によって異なります。2ヶ月のダイエットコースで税込み216,000円〜
評価 評価4
備考 全国に多数の店舗あり

3. 【東京】女性専用ジム

 

ランウェイの特徴

完全な女性専用ではありませんが、主に女性向けに運営されているダイエットジムです。女性専用のトレーニングスペースもあります。ここはなんと、お友達と一緒に通っても料金は一人分のみでOK!お友達と一緒にダイエットに挑戦するのもアリですね。

価格 2ヶ月で税込みの総額が、60分コースで213,840円、90分コースで272,160円
評価 評価4
備考 恵比寿と赤坂のみ

女性も通えるジム2選

次に、女性専用ではありませんが、女性も行けるパーソナルトレーニングジムを2つご紹介します。

1. 【全国】女性も行けるジム

 

24/7 Workoutの特徴

トゥエンティーフォーセブンワークアウトと読みます。ライザップに追随している会社ですが、価格はライザップよりも10万円以上安いので、男女兼用のパーソナルトレーニングジムとしては今一番人気があります。店舗数も50を超えていますので、通える範囲にあるかもしれません。ウェアやシューズ、ドリンクなどトレーニングに必要な物が全て揃っていて、完全に手ぶらで行くことができます。女性専用ではありませんが、全国対応でお客さんが多い分、圧倒的な実績があります。

価格 2ヶ月で税込み252,720円
評価 評価5
備考 全額返金制度あり

 

2. 【全国】女性も行けるジム

 

ライザップの特徴

言わずと知れたライザップです。満足度・人気・売上が文句なしのNo.1です。高いですが、その分どこよりもサポートがしっかりされています。店舗数も多いですし、迷ったらライザップで良いと思います。親会社であるRIZAPグループ株式会社は上場企業なので、その点も安心できます。

価格 2ヶ月で税込み375,840円
評価 評価5
備考  

実際どうやって痩せていくの?

パーソナルトレーニングジムでは実際にどんなことに取り組んで痩せていくのか、具体的に書いてみたいと思います。

1.糖質制限

まずは糖質制限が欠かせません。最近メディアでも取り上げられるようになり、社会的にも認知度が上がってきた糖質制限ですが、そもそもなぜ糖質を制限することで痩せることができるのでしょうか。

 

人間は糖質を大量に摂取すると、血糖値が上昇します。血糖値が上昇すると、インスリンという物質が分泌され、血糖値の上昇を抑えようとします。このインスリンが、肥満の原因を作っていることがあるのです。

 

 

インスリンは、体内に吸収された糖質をグリコーゲンという部分に貯蔵する働きを持っています。しかし、あまりにも大量の糖質を摂取すると、グリコーゲンに入りきらなくなった糖質を脂肪に蓄えてしまうのです。

 

他にも、インスリンは脂肪の燃焼を抑制する働きや、血中の中性脂肪を脂肪に蓄える働き、肝臓の中で糖から脂肪の生産を促進するなどの働きを持っています。インスリンは、肥満の原因となる働きを多く持っている物質なのです。

 

よって、痩せるためには糖質の摂取量を抑えてインスリンの分泌量を減らす必要があります。そのため、ダイエットを目的としたパーソナルトレーニングジムでも取り入れられています。

 

夜摂取した糖質はエネルギーとして消費されづらいので、特に夜の糖質摂取を制限することになると思います。控えた方が良い食品は、米、パン、麺類、イモ、菓子類、清涼飲料水などです。

 

しかし、糖質制限はあくまでも制限であって、完全に糖質の摂取を排除するのはお勧めできません。低糖質となって頭が働かず、仕事にも支障が出る可能性が高いです。

 

ジムに入会する前のカウンセリングでその点をしっかり確認しておくと良いです。

2.タンパク質摂取

糖質制限をする際には、タンパク質の摂取が欠かせません。

 

糖質は、本来は体のエネルギー源となるものです。人間の身体は糖質の摂取を制限することによって代わりに筋肉を分解してエネルギーに変換します。これを筋分解と言います。

 

筋分解によって筋肉量が減ってしまうと、基礎代謝量が減ってしまいます。基礎代謝量が減ると1日に消費するエネルギー量が減ってしまうので、痩せにくい体になってしまいます。

 

また、タンパク質の摂取には空腹を抑える役目もあります。糖質を制限していると必ずお腹がすくので、糖質の代わりにたんぱく質をたくさん摂取することで、それほど空腹を感じずに乗り切ることができます。

 

 

糖質が少なく、タンパク質が多く含まれている食品は、肉類や魚介類、卵などです。ただ、ハムやソーセージなどの加工肉には砂糖が含まれていることが多いので、なるべくなら加工されていない食品を摂取するようにしましょう。

 

日々の食事内容は担当のトレーナーにLINEで報告して、アドバイスを受けるというやり方が一般的です。

 

ダイエットジムはトレーニングがメインではなく、むしろ日々の食生活の改善がメインであることを理解しましょう。それ無しでは痩せることは難しいです。

3.筋トレ

糖質制限によって起こる筋分解を抑えるためには、タンパク質を摂取するだけでは不十分です。適切な方法で筋トレをすることで、代謝の良い痩せやすい体を作ることができます。

 

 

筋トレは毎日すればよいわけではありません。筋トレによって筋肉が鍛えられるメカニズムとしては、筋トレをして筋肉に傷がついた後、その傷を修復しようとすることによって筋肉が大きくなります。この筋肉の修復を超回復と言います。

 

超回復にかかる時間は一般的に48時間〜72時間と言われています。超回復が完了する前に筋トレをして再び筋肉に傷をつけてしまうと、筋肉が大きくなるのを阻害してしまうのです。

 

そのため、ダイエットジムに入会後は大体週に2回通ってトレーナーと一緒に筋トレをすることになります。

 

筋トレのメニューや負荷はその方の体重や運動経験などによって変わります。そのためのパーソナルトレーニングジムです。ですから特に心配する必要はありません。

まとめ

というわけで、ダイエットを目的としたパーソナルトレーニングジムでは糖質制限・たんぱく質摂取・筋トレがメインとなります。

 

これを自分一人でできる方は無理して入会する必要はありません。分からないことをネットで調べながら、一般的なジムで自分のペースでトレーニングをしていくのもアリだと思います。

 

逆に、自分一人では不安だという方はパーソナルトレーニングでマンツーマンで指導を受けると効果的です。プロの指導によってより早く結果を残せることでしょう。

おすすめのジム

クレビックの特徴

【女性専用】です。女性の医師や管理栄養士がプログラムを作成しているので、まさに女性のためのパーソナルトレーニングジム。こちらもタオル・ウェア・シューズなどが全てレンタルできて、しかも全て駅から徒歩5分以内にあるので、仕事帰りに身軽に行けるのが嬉しいです☆店舗数がまだ少ないので、その分スタッフの教育が行き届いていてしっかりとしたサポートを受けられます。女性専用ダイエットジムとしては一番人気があります。

価格 2ヶ月で税込みの総額が211,680円。平日のみのデイタイムコースだと161,784円
評価 評価5
備考 月々8,200円〜の分割払いに対応

 

リボーンマイセルフの特徴

トレーナーが女性しかいないので、女性特有の悩みも色々と相談できるのが嬉しいです。完全女性専用の空間となっているので、男性の目を気にせずトレーニングできるのもGOOD!女性専用でありながら全国対応なのも凄いです。こちらも完全手ぶらでOKです。

価格 コースや店舗によって異なります。2ヶ月のダイエットコースで税込み216,000円〜
評価 評価4
備考 全国に多数の店舗あり

まとめ

クレビックとリボーンマイセルフの大きな違いは、クレビックには男性トレーナーもいるのに対して、リボーンマイセルフには女性トレーナーしかいないという点です。どうしても男性に会いたくない方にはリボーンマイセルフをおすすめします。