野草酵素・越後の龍を飲んでみました

メニュー

越後の龍を実際に飲んでみました

ひときわ渋い酵素を発見しました。
名前は「越後の龍

 

・・・この日本語感、今までの酵素が軟弱に見えます。そして名前だけではない真面目さが魅力の酵素。

 

「越後の龍」は、よもぎを主体とした野草(薬草)がメインの酵素です。

 

 

80種類の原料を、甕でじっくり発酵させてつくられていますよ。

 

 

マカやキャッツクロウなど、そのままサプリメントとして売られているような薬草や植物を原料にしている点もいいですね。

 

そして、精製糖や添加物、着色料は一切使用していません。

 

厳選した原料を使い、余計なものを入れず、製法も妥協せずという、いまどき珍しいぐらいの武骨な酵素ですね。

 

この男前な酵素、やっぱりお味も男前な感じなのでしょうか?さっそく飲んでみましょう。

越後の龍が届きました

オーダーから3日ぐらいで到着です。

 

 

バイオサプリとかいてあるだけで、中身は分かりません。

 

開けるといろいろな冊子が目に飛び込んできました。

 

 

ミニタオルのプレゼント付きです。

 

 

女子目線で言えば、もうちょっとカワイければいいんだけどな^^;

 

冊子にはこちらの会社で働いている人が出ていますが、全員男性 笑。

 

 

デザインでがんばってますが、スーツの男性だと華やかさとは無縁ですね。

 

 

こんなに男性ばかり登場する酵素は、はじめてです。

 

でも、コールセンターも発送も人任せにしないで、全部自社でやっている、とのこと。

 

こちらの製品も、きっと品質にこだわって、真面目につくられているんだろうなぁ〜。

 

デザインが華やかでおしゃれだけど中身が適当という酵素がたくさんある中で、これは逆に好印象です。

越後の龍を作っている会社って?

「越後の龍」を販売している会社は、東京都の世田谷区にある「バイオサプリ」さんです。

 

Natural & Safety をモットーに、健康食品を販売している会社で、南米先住民の伝統薬に使用される「マカ」や「キャッツクロウ」などのサプリメントが目玉のよう。

 

特に関節炎や血圧を下げる効果があるとされるキャッツクロウは、日本に広く知られる前の1998年から取り扱いを始めた先駆者とのこと。

 

そして、原料の生産地とのつながりも大事にしているそうです。現地に赴いて、実際の生産現場などもしっかり見ていて、輸入も自社で行っているから、安心ですね。

 

そして、バイオサプリさんはラジオ番組まで持っているそうです。

 

 

健康情報の発信や、南米の原料担当の方の現地情報など、なかなか興味深いですね!

早速飲んでみましょう

こちらが「越後の龍」の本体です。

 

 

シブい。お酒と思われそうなラベルです。

 

越後の龍は上杉謙信のことを指すようで、その越後・新潟に伝わる伝統製法でつくられているんだそうです。

 

原材料は・・・余計なものが一切使われていません。

 

糖類も白砂糖やブドウ糖などではなく、糖蜜、黒糖、オリゴ糖と、体によさそうな糖類ばかりですね。

 

 

サプリの会社だけあって、原材料に薬草系が多いんです。酵素ドリンクといっても、薬草を飲んでいるようなものですね。

 

キャップと計量カップも付属しています。

 

 

「一回24mlを目安に」お飲みください・・・って、カップの目盛りの一番上、30ml入れたときに気が付きました。24mlって、ちょっと入れるの難しい。。

 

 

もちろん目安だからそこまでこだわることもないんだけど、逆になんでその数字!?

 

こんな感じで濁っています。トローっとしていて、中の原料のおりがガラスに残る感じ。

 

 

なんか高級ワインのようですね。

 

 

一本720mlで、税抜で9,000円ですから、高級ワインなお値段ですが、一回24mlなので、長持ちですよ。

 

このままで飲んでみますと、プルーンと黒糖の濃いエキスのようなお味。

 

言われてみれば薬草っぽいけれど、それよりは甘みがあって、飲みやすい印象が勝ちますね。

 

というか、オーソドックスな黒糖風味の酵素は久しぶりでした。

 

濃すぎて、このままは飲めませんので、お水で薄めます。

 

 

ほかに、炭酸水でもいいかなとおもいましたが、このどっしりした味には、やっぱ水かなぁ、と思いました!けっこう薄くしてもしっかり味がのこっています。

 

酵素の撮影を、ジュースが飲めるイベントとしっかり記憶されている助手。

 

お待ちかねの試飲ターイム!

 

 

黒糖の味が子供にどうかな、とおもいましたが、美味しそうにごくごく飲んでました!

 

子供でもいけるのね〜。

 

少量では飽き足らず、撮影用のワイングラスでもゴクゴク。

 

 

おいしかったー!

 

こういうジュースなら、子供にもあげていいかな、って思いますね。

酵素ママのまとめ

「越後の龍」・・・黒糖味のしっかりとした酵素ですが、子供もちゃんと飲めました!

 

まあ、子供に飲ませるにはもったいないぐらいの薬草が入った酵素ですから、大人が飲むほうがいいかな。

 

お値段は、そこそこしますが、これだけ本格的に作られている部類では、安いほうだと思います。

 

 

もう少し安く買いたいという方には、まとめ買いという手もありますよ。

 

ジュースと思って飲む、というよりは、きちんと健康のために飲み続けたいと思います。

 

追記・酵素八十八選と中身は同じ

今回ご紹介した越後の龍ですが、色々な酵素ドリンクを飲み比べているうちに、酵素八十八選と中身が同じであることに気付きました。

 

きっと製造元が同じで、販売者がそれぞれのパッケージで売っているんだろうと想像します。

 

 

中身が同じなら少しでも安い方が良いかも、ということで、こちらで酵素八十八選もご紹介しておきます。

 

定期購入になってしまいますが、最初の2回はお試し価格で消費税・送料込みで9,300円で購入できます。

 

 

越後の龍よりも1本あたり420円安くなります。

 

ほんの少しではありますが、1円でも安く買いたいという方は酵素八十八選の定期購入を検討しても良いかもしれません。

 

定期購入はいつでもやめられるので、最初の1本で解約してもOKです。

 

 

酵素八十八選を販売する会社はエコな商品も多数取り扱っているので、個人的に応援したい会社です。