優光泉をお試し購入。栄養満点で好評化!しかも痩せたぞ

メニュー

痩せるより、体調管理が問題になってきた。

 

昔はオトメの私も、今では40代。立派に中高年の仲間入りです。妊娠・出産で増えた体重は子育てに追われる忙しい日々でも微減もしません。右手におせんべい、左手にマドレーヌを持ちながら、お腹まわりが気になるとぼやく毎日。

 

ココナッツオイルが効果的と聞けば、コーヒーに入れてガブ飲みし、チアシードを頬張りながらミランダ・カーを夢見、アサイ―スムージーが美肌をつくるという噂にシェイカーを振る、ごく普通の主婦の私。

 

ところが…痩せたいと言いながらモグモグ動いていた私の口が止まる事態が発生。なんと健康診断で「糖尿病予備軍」と判明。医師から「あなたは立派に肥満。痩せなさい」との宣告が!それもそのはず、20代で48kgだった身体は、今では66.3kgに。

 

はい、立派に肥満です。でも、運動は嫌いだし、ごはんもお菓子も大好きだし、辛いことには耐えられない。そもそも、ちゃんとできる性格なら太っていません。とはいえ、「このままだと、血液ドロドロで心筋梗塞などのリスクが増します」という医師の真顔はそら恐ろしく、まだ小さい子どものことを思うと、うかうか死ねません。もう、「痩せて綺麗になりたい」なんて、可愛いことは言っていられないのです。まさに死活問題。急務です。

 

さて、どうしたものかと思っていたところ、ふと、以前、職場の上司が「断食ダイエット」に5万円支払い、5キロ痩せたと喜んでいたのを思い出しました。その時「食べなくても酵素ドリンクを飲めば、身体への栄養は足りるから大丈夫」と言っていた気が…。

 

その時は、食べられないのにお金を払うという発想が、食い意地の張った私には理解できませんでした。でも「酵素ドリンク」はずっと気になっていたのです。

 

さっそくネットで調べてみると、エリカ健康道場さんの「優光泉酵素」が出てきました。バケツ一杯分もの野菜をコップ一杯で摂れるってすごくない?と思い、半信半疑で(すみません)注文してみました。

ふーん、これが酵素ドリンクかぁ

ドリンクはすぐに届きました。「植物性複合酵素飲料 優光泉」のラベルも美しい、ワインのような風貌。私はスタンダードと梅味のセットを頼みました。嬉しいことに炭酸水が2本もついていました。

 

 

「ふーん、これが酵素ドリンクかぁ」と、何気なく成分表に目をやり、びっくり。大根・キャベツ・ニンジンを筆頭に、原材料名として、びっしりと野菜の名前が。そして成分表にはおなじみの、「○○抽出物」や甘味料などの添加物表記が一切ないのです。

 

 

確か、アサイースムジーの粉末は、ポリデキストロース(トウモロコシから人工的に合成された水溶性食物繊維)が筆頭でした。それ自体は医療用に開発されたもので、悪いものではありませんが、並べてみると…天然の力に圧倒されます。これは、効きそうじゃないですか。

 

同封されていた冊子を読むと、やる気に応じた断食(ファスティング)プログラムが載っていました。無理の嫌いな私は、簡単に続きそうな、朝食を抜くだけの「プチ断食」を早速翌日から試してみました。

 

7日間実践してみたこと

  • ○朝、食事の代わりに「優光泉酵素」20ccを5倍くらいで飲む。
  • ○午前10時くらいに、「優光泉酵素」20ccを5倍くらいで飲む。
  • ○昼食前に「優光泉酵素」20ccを5倍くらいで飲む。
  • ○お昼はバナナとみかんなどのくだものを食べるか、いつもより軽めにする。
  • ○夜は、普通に食事する
  • ○夜のお菓子をやめる

 

この時点で、「夜にお菓子食っとったんかい」と突っ込まれそうですが…
そうなんです。夕食後のお菓子をやめられず、そのせいで4kgくらい太りました。

 

1日目、わくわくと瓶を開けると、付属の緑色のキャップに付け替えました。それに代えると、酵素が呼吸でき、発酵が進むそうです。本当に「生」なんですねぇ。

 

 

私は梅味から試しました。トクトクと琥珀の液体を注ぐと、なんともいえないとろみがあります。セットに入っていた炭酸水で割る前に、恐る恐る舐めてみました。

 

 

「うわー。美味しい!甘い!好きな味!良かったぁ」というのが正直な感想でした。今まで、ダイエットや健康系の食品で、本当に美味しいと思ったものはほとんどありませんでした。

 

良くて口にできる程度で、某ダイエット食品のトマトスープなど、あまりの不味さに最初の一袋しか飲めなかったほどです。ですから、本当に驚きました。美味しすぎて、逆に飲み過ぎてしまいそうと思ったくらいです。

 

でも、成分表には砂糖や甘味料の文字はなかったはず…どうしてこんなに甘いの?答えは同封冊子にありました。

優光泉酵素の甘さは濃縮した野菜の甘さであり、でんぷんなどと同じ多糖類の甘さとなっています。純粋に野菜や穀物、海藻、野草、薬草の甘さですので糖質制限などで言われている単糖類とは違って糖質制限の対象にならない甘さです。

とのことです。

 

糖分としては、エキスを抽出する際に麦芽糖を使用するそうですが、麦芽糖は酵母菌の餌となるため、最終的には残らないそうです。

 

ちなみに、スタンダードのほうは、少し大根の風味が残っているように感じるお味でした。個人の好みですが、リピートする際には梅のみにすると思います。味の好みは本当に人それぞれですので、どうしても合わなければ、30日間は開封後でも返品を受け付けてくれます。安心して試せますね。

 

 

とりあえず、朝ごはんの代わりに20ccを炭酸水で割って飲み、20ccずつを水で割ってペットボトル2本に入れ、職場に持っていきました。お昼はこれとバナナやみかんなどの果物を摂り、これを7日間続けました。

 

ドリンクで良かったなと思ったのは、持ち運びの便利さでした。チアシードやスムージーの粉末は、種や粉を水と混ぜるだけなのですが、事前に作っておくと粘度が高くなりすぎるので、職場で作らないといけません。

 

ランチタイムにシェイカーをガシャガシャやると、「いかにもダイエット中です」という感じで気恥ずかしかったのです。「それだけじゃダメでしょう」と言ってくる人もいましたし。

 

ペットボトルで持って行けると、さりげないですし、「あれ?お昼もう食べたの?」くらいで、目を引きません。ダイエットをしたいけれどもしていることはバレたくない、微妙な女心にも絶妙にマッチしているのです。

7日間の夕食は普段どおり

えー、お恥ずかしいですが、以下に我が家の夕食を紹介します。まぁ、なんて小市民。と、思いながらご覧ください。

 

1日目:ごはん、コロッケ、もずく、かす汁、キムチ
やったー食べられる!と思い、かす汁の具が多めです。

 

 

2日目:親子丼、大根の酢の物
ちょっと…寂しいですね。

 

 

3日目:野菜炒め、キムチ、お味噌汁
塩物が恋しくて、濃いめの味付けに。白米をやめて、カロリーコントロールを試みています。

 

 

4日目:クリームシチュー、グラタン、大根の酢の物
やはり濃い味付けが恋しい。大根の酢の物で、さっぱりさせようとするものの、アンバランス感は否めない。やはり白米を抜いてカロリー低下を試みる。

 

 

5日目:お肉の炒めもの、サラダ、フライドポテト
塩物の誘惑に勝てず、フライポテトに手を付ける。

 

 

6日目:肉じゃが、キャベツの煮物、お味噌汁
白米抜きも慣れてきました。素朴な和食の感じ。

 

 

7日目:キャベツとちくわの煮物、サバ、刺身こんにゃく、お味噌汁
刺身こんにゃくなら、一品追加してもいいかな…と思っているところが食いしん坊。

 

 

以上のように、夕食は普通の食事を摂りました。こうやって並べてみると、それほど太る食事をしているようには見えませんので、やはり無意識に摂る間食が多すぎたのでしょう。

 

白米を抜いてもおせんべいを食べていては本末転倒です。…気をつけます。朝食や昼食で塩ものを摂らないため、お味噌汁やキムチをやたら美味しく感じました。

炭酸水割りで空腹が抑えられる

午前中の60cc以外にも、夕食の前には優光泉を飲むようにしていました。家にいる時は、付いていた炭酸水で割って飲むのがお気に入りでした。

 

 

この炭酸水も同梱されているのには、ちゃんと訳がありました。炭酸で満腹感が得られます。確かに、朝、10時、昼前にドリンクを飲むことで、全く空腹を感じませんでした。

嬉しい副作用!?手ごわいお通じがすんなり

実は、私は「酵素飲料」を誤解していました。酵素飲料は、生きた酵素をがっつりとれる飲み物だと思っていたのです。しかし正確には、酵素飲料とは体内酵素を増やすための材料で、野菜エキスや酵母菌が入っている飲み物のことでした。

 

前述の「菌が呼吸できるよう」というのは酵母菌のことで、酵母菌が入っているからこそ、常温で発酵が進むのでした。人間が食べ物を消化、代謝するためには、消化酵素と維持酵素が不可欠なのですが、現代では野菜不足や食品添加物、水道水の塩素などの化学物質によって、体内の酵素が破壊されています。

 

食事から酵素を補うには、酵素を含む食品(やはり野菜など)を食べるのが一番なのですが、毎日大量に摂れるわけではありません。そこで、酵素飲料で、酵素の元となる酵母菌やビタミン、ミネラルを補うことが、体内酵素の活性化につながるということなのです。

 

私の場合、活性化されたのかも?と思ったのは腸でした。いつもは1週間くらい音沙汰のないお通じが、2日に1回くらいの頻度で訪れました。しかも、私の腸ってこんな形をしているのか…と思うような大きさで。(あまり想像されませんように)

 

7日間が終了して体重が減っていますが、「脂肪が分解された」とか「痩せた」というよりは、このお通じの活性化で老廃物を排出できたことが、何よりの原因だと思います。

結果発表!なんと体重3.1kg減

 

【体重の変化】
1日目…66.3kg(優光泉を飲む前)
2日目…65.6kg
3日目…64.6s
4日目…65.1s
5日目…64.9kg
6日目…64.7s
7日目…63.6s
8日目…63.2s(7日間終了後の朝)

 

 

なんと3kg減!夕食はしっかり食べていましたし、本人には痩せた実感はありません。体重計に2度乗ってみたほどです。

 

朝食を普通に食べたら戻るかもしれませんので、しばらくは優光泉を続けてみます。

 

これでダイエット食品難民から解放されるかも!

今までいろいろなダイエット食品やサプリメントを試してきた私ですが、今度こそ、ダイエット食品難民を卒業できるかもしれません。断食(ファスティング)というと、気合が要りそう、かつ恐ろしそうでしたが、全く負担がありませんでした。びっくりするくらい、お腹も減りませんでした。

 

強いて言うならば、お腹が減らないのに口にモノを入れたがる自分の習性に辟易としました。そら、痩せませんわ。お腹の減り具合だけが気になる方なら、問題なく1日〜3日の断食プログラムを実施できると思います。

 

 

また、私自身の嬉しい変化として、少し体重が減ったことで、運動をしてみようかなという気が起こりました。今までは、身体が重い→動くのが嫌→もっと身体が重くなる…という負のスパイラルにはまっていましたので。

 

おそらく、酵素が増えたことで体内が整い、身体の調子が少し良くなれば気力も湧くということなのです。これを機に、良い循環にしていけるよう、もうしばらく優光泉を続けてみます。